「禁視の神々」展 11/11(土)-12/3(日)





b0306034_19415747.jpg




過日お知らせの首記の企画展ですが、会期を以下の通り
変更しての開催となります。

諸般業務の変動などで、変更が出ましたこと
平伏の次第です。

なお、展示のコンセプト等に変更はありません。








「禁視の神々」展 ──── 開帳された 護符 神札 法印 御守

会期 2017年 11月11日(土) -12月3日(日) ※毎土曜・日曜

時間 13:00-19:00(各日)

会場 骨董 百芍丹

在地 京都市上京区御三軒町37 (googlemap)


















護符、神札、牛王法印、御守、仏軸
見てはならなかった神々の形。

幕末前後の近畿圏を中心に、百を超えるこれらを開帳し展示させていただきます。

村の郷社らしきものから、火伏せの愛宕まで様々に。





禁忌を越え、開帳された神々の形はさまざまで
ただの図式であるもの、文字、何かが封じられた和紙、紙の切片、
見てはならなかった形は多岐に渡り。


開帳に伴い、幾重に守られたその依り代としての意味は失われつつですが、
様式を守り添えて入荷したものが多く、
ご高覧いただけましたら幸いです。












b0306034_18384398.jpg











百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2017-11-03 18:39 | 営業・休業のお知らせ
<< 掲載のお知らせ「5000円から... 休業のお知らせ10/21.29 >>