「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:営業・休業のお知らせ( 42 )

1/25(水).29(日) 営業時間変更のお知らせ



大寒を越し、なお一層の寒さ。

厳寒の日々が続きます。



さて、所用によりまして首記の営業日の営業時間ですが
恐縮ながら下記に変更となります。

まことに恐れ入ります。



1月25日(水) … 15時よりの営業となります

1月28日(土) … 通常営業(13時-19時)

1月29日(日) … 18時までの営業となります









b0306034_18232747.jpg





大寒の寒さは厳しいのですが
古くから「寒仕込み」といわれ、酒、味噌、醤油など
日本人にはなくてはならない品々が種仕込みされる時分。


自身もそうあるよう、繁忙や寒さに負けぬよう
頑張りたいと思います。






大峯山錫杖
Shakujo (a stick used by a priest or an ascetic Buddhist monk) / 19th-20th century Japan 大和天川







              百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2017-01-23 18:23 | 営業・休業のお知らせ

2017新年おめでとうございます


新年おめでとうございます。


佳き年季の御改め。
六花霏々舞う日も、青踏思う春をお迎えいただきますこと
謹みまして心より。






年始は1月3日(火)〜4(水)より(18時まで営業)、
少し酒をいただきながら始めさせていただく予定です。



翌週は1月7日(土)〜8(日)を通常営業。

次週以降は通常どおり土曜・日曜・25日の営業となります。












b0306034_2147127.jpg







  東の海に 昇る日は
  西の高嶺(たかね)に 輝きつ。

  北のちまたに 鶏(とり)鳴きて
  南の町に 鴉(からす)飛ぶ。

  百(もも)の司(つかさ)は 馬車駆りて
  鵞(が)の羽(はね)白く 吹かすらん。

  なべての人は 袴着て
  年始の御慶(ぎょけい) 申すらん。

  女(おみな)は羽子に 耽るらん。

  童(わらわ)は凧に 遊ぶらん。

  下戸(げこ)も盃あぐるらん。

  鼠も餅や かじるらん。






           正岡子規 / 1867-1902 「人 一人」抜粋















.
[PR]
by h_s_t | 2017-01-01 00:00 | 営業・休業のお知らせ

2016 小皿豆皿 160円まつり



b0306034_21252087.jpg



本年は移転を無事行えました年、
皆々さまには本当に感謝平伏の次第です。



感謝をこめまして、以下の日程、当店一角にて恐縮ではありますが
「さよなら2016 小皿豆皿160円まつり」と題打ちまして。
小皿や豆皿などを明治〜大正を中心に、昭和の和陶や民藝窯やらも織り交ぜつつ
160〜200枚ほど並べさせていただきます。
「こんな印判もってへんかったなー」から「あほらしけど かわええなー」と一笑誘うものまで
さまざまです。

16しか言葉掛かりしておらず、しかもそのまんまな催事名でネーミングのセンスの無さを問われそうで
ちょっと格好わるいのですが笑
お正月の御箸寄せや、節句、雛の祭りなどにお役立てくださいましたら幸いです。





「さよなら2016 小皿豆皿160円まつり」

 ・2016年 12月23日(祝)〜27日(火)

 ・於 百芍丹(通常の商品も併設となります)

 ・簡易な包装となりますこと、何卒ご容赦くださいませ。
  大変恐れ入りますが、ベビーカー・ペットのご同伴 平にご容赦くださいませ。






少ない量ではあり恐縮ですが、お傍でお役に立ちます品ございましたら。
年の瀬の 末路狂花なお楽しみとて、お気軽にお立ち寄りください。

なお、当催事売上げは全額、国連WFPを通じまして、微力ながら世界食糧基金へ寄付予定です。





















【2016-17 年末年始の営業につきまして】
2016年は、12月23日(祝)~27日(火)の営業にて納めさせていただき、
新年は、1月3日(火)〜4(水)を18時まで営業、1月7日(土)〜8(日)営業。
翌週以降は通常どおり土曜・日曜・25日の営業となります。
詳しくは『2016-2017 年末年始の営業につきまして』をご覧下さい。


                    百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-12-16 21:26 | 営業・休業のお知らせ

2016-2017 年末年始の営業につきまして



本年も「大雪(たいせつ)」を越え

丁度十五日の後、二十四節気における「冬至」


仕入れの朝々や、山越えの折にも粉雪や霜を目にするようになりました。





b0306034_2195548.jpg







さて、年末年始につきまして、
当店、以下の日時にて営業をさせていただきたく思います。




12月23日(祝)… 営業
12月24日(土)… 営業
12月25日(日)… 営業
12月26日(月)… 営業
12月27日(火)… 営業(※「小皿豆皿 160円まつり」は12/23〜27です)
  :
《年末年始休業》
  :
1月3日(火)… 18:00までの営業となります
1月4日(水)… 18:00までの営業となります
  :
1月7日(土)… 営業
1月8日(日)… 営業


翌週以降は通常どおり、土曜・日曜・25日の営業となります。



一段と寒くなりました京都ですが、また同時に、
あたたかな食事や酒肴、場所場所
そして年末年始の京都の風物を楽しめる
一年でも最も京都を楽しめる 「今だけ」が街のあちこちに顔を見せる
一つの節気に思います。

京都お出かけの際、ぜひお立ち寄りいただけましたら幸いです。


















b0306034_21111079.jpg










 逆さまに 人往き来する 巷かな

  この幻を 冬至とぞいう

           ───── 岡部 圭一郎 / 1915 - 2012






冬至越え、皆々さま一陽来復にて。














                    百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-12-15 21:12 | 営業・休業のお知らせ

11/23(祝)~週末の営業につきまして



初穂から新嘗へと、天地においてはその一年を修める時節となりました。


今は「勤労感謝の日」として、その所以たる意図を残しますが、
宮中や伊勢宮をはじめ、初穂を以って新嘗を捧げ
また、夜には「豊明祭(とよのあかりのせちえ)」を行う地域や郷社も
まだまだ多いかと思います。


「豊明」とは酒に酔って顔を赤らめることで、
実に喜びに満ちた感が溢れる言葉に思います。

豊明祭は、新嘗祭のあと感謝をもって宴を催すのを指します。

いわば正月とともに、手に汗して働く人々が天地の公認のもと
酔って良い夜なのかもしれません。


因に、新嘗は必ず卯の日、豊明はつまり龍へ変わる夜に行われ、
出雲時代の名残や、干支になぞられたある種の意味をそこに感じます。






b0306034_1303940.jpg

















さて、こうした11月23日(祝)を営業させて頂きます。
(翌々日となります25日(金)も営業となります)



 11月23日(祝) ・・・営業

 11月24日(木) ・・・お休み

 11月25日(金) ・・・営業

 11月26日(土) ・・・営業

 11月27日(日) ・・・営業



この週末にかけまして、営業日が少し多い週。

これといったお構いが叶わぬ店ではありますが
よろしければ散策がてらにお立ち寄り頂けましたら幸いです。

















立冬を過ぎて 秋から冬へと季節は進み、
季節を進める、柔らかな時雨も多い時節ともなりました。



雨脚も長くなく、古くから季節の移り変わりを促すものとして愛されてきた時雨。

特に京都に降る時雨は「北山時雨」とも古くは呼ばれ、この時雨が山から山へと移りながら降るのを「山巡り」と呼びます。

晴れている一方で、片方では時雨る「片時雨」

夜の時雨である「小夜時雨」


時雨の類名は多く、昔日の人々がいかに愛したかを知るのですが、
細い銀糸のような煌めきの後には、照り始めた陽の中に
濡れて鮮やかとなった木々の朱や橙色の浮かびを見ると
確かに、さもありなんと思う次第です。




 今はとて 我が身時雨に ふりぬれば

      言の葉さへに 移ろひにけり


           ─── 『古今集』/ 小野小町









b0306034_131880.jpg














                   百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-11-20 16:26 | 営業・休業のお知らせ

10/30(日)18時までとなります

堀川通の銀杏も実を落とし、
桜は一層 その色を増しました。


週明けて、足早に秋が行く準備を調え、
春同様に去り方はいつも目に滲む色を残します。




さて、首記のとおり30日(日)は会合所用につき
まことに勝手乍ら 店舗は18時にて閉店させていただきます。





春や夏には予想もできなかった、このような日が来るのだなと
良い酒と肴、骨董話、緩めて楽しんで参りたいと思います。








b0306034_1702284.jpg











                      百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-10-27 17:01 | 営業・休業のお知らせ

10月25日(火)営業致します

10月25日(火)ですが、天神さん(北野天満宮骨董市)に合わせまして
営業をさせて頂きます。


平日、営業経験の無い当店で恐縮ですが、天神さんのお帰りがてらに
足を向けていただけましたら幸いです。


営業は通常どおり、13時~19時にてお待ちしております。




               百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-10-22 22:22 | 営業・休業のお知らせ

10/23(日)の営業につきまして


所用により、今週末10/23(日)につきましては
まことに勝手ながら営業は18時までとさせていただきます。

なお22(土)につきましては、通常通り13時〜19時の営業となります。



恐れ入りますが宜しくお願い申し上げます。








b0306034_1549837.jpg








                      百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-10-21 15:49 | 営業・休業のお知らせ

10/10(祝) 営業いたします





今週末の連休は、祝日10日も営業させていただき、
10/8(土)〜10(祝)の営業となります。





気候佳き時節

御所近辺にお越しの際は
宜しければ おみ足向けていただけましたら幸いです。






b0306034_2015105.jpg















さまざまに環境が変わり、仕入れに繁走
更新が疎かとなり恐縮です。

少し密にしてまいりたいと思います。






                  百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-10-06 18:00 | 営業・休業のお知らせ

ありがとうございました




b0306034_1493045.jpg




移転再開を無事過ごさせていただきました。



行き届かぬ準備にもかかわらず、
本当に多くの方々にお越しいただき
また福音さまざまに頂戴しまして、低頭し感謝の次第です。






一年以上ぶりに店に立つのは、
隔離の水槽や魚籠から
湖に戻していただいた魚のようで
ただ泳げることだけで 心から嬉しい二日間でした。



この場を借りまして、
皆々様に篤く御礼申し上げます






  ○

  葉月吉日


  梧下  百芍丹









b0306034_150852.jpg















再開の二日間を終え目を覚ますと
台風は一過。
もやもやとしたものも全て洗い流す。


一夜にして京都の夏は終わり
清げな秋の空気が満ちていました。



この一年のさまざまは
残念なものでも
ましてやこの先心をさいなむものでも
苦難でも回り道でも何でも無く、
ただ必然にそうあるべきにそうあり
今に続いたと腑落ちした朝でした。

多くを見て、知り、選び、動き、
笑い、泣き、悲しみ、怒り、呆然し、
さまざまな泉比良坂(よもつひらさか)を越え
知らぬ間に輪郭とは得たのかもしれません。

重ねて感謝申し上げます。





伊奘諾尊曰、始為族悲、及思哀者、是吾之怯矣

     ───── 『日本書紀』菊理媛乃段



















入道雲にのって

夏休みは行ってしまった

さよならのかわりに

素晴らしい夕立ちをふりまいて


今朝 空は真っ青

木々の葉の一枚一枚が

新しい光に挨拶を交わしている


     ───── 「台風クラブ」1985   劇中詩(大町美智子台詞)より




















                            百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-08-31 00:00 | 営業・休業のお知らせ