「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

京都ふるどうぐ市を終えて



同室させていただきました丹波屋彦兵衛様、宮脇モダン様、メルキュール骨董店様、
そして当店に近しい立地の画餅洞様。

名を馳せた名店の皆様に本当に良くしていただき、
果報者の一言に尽きる二日間でした。


そして隣室の古美術中上様、南方美術店様、本田様、質環様、
別室のタユタフ様、犀星様、その他多くの皆様にこの場でお会いでき
とても楽しく、清々しい時間であったと思います。



今回、当店の暗喩したテーマは「柳田國男vs折口信夫」とした
「日本人の生死感から発した美」も織り交ぜた展示を目指しました。

学術的難解さを排除し、発露するテクスチャーそのものを
ご覧いただきたいと、非力ながら努めた次第です。



b0306034_2236312.jpg



二日目の終刻。
咲かせた花はそれぞれ違えど
それぞれを讃えあうかのような、笑顔と心地良い疲労感に
ご一緒できたことは
少し胸が熱くなるような幕でした。



そして多くのお客様と楽しい時間を共有させていただいた
初夏めいた幸せな二日間。





お出会いの全ての皆様に、山々の感謝を込めまして。


 頓首再拝


                             百芍丹






【工事休業のお知らせ(7月4日まで)】

建物(屋根等)の補修工事のため、5月・6月は店舗をお休みさせて
いただきます。少々長い休業にてまことに恐れ入りますが、ご了承・
ご高配賜りましたら幸いです。
7月5日(土)より営業を再開させていただきます。
詳しくは「7/4まで休業のお知らせ」を併せてご覧くださいませ。
[PR]
by h_s_t | 2014-04-28 22:40 | 日々のこと

掲載のお知らせ「&Premium」

たて続けとなってしまい恐縮ですが
昨週末発刊の『&Premium(アンドプレミアム/マガジンハウス版)』に掲載いただきました。


前田隆汎さんのご紹介でご取材いただいております。



b0306034_1552165.jpg




近年のカルチャー誌・情報誌とされる中では、水際立った存在感を
小気味良く匂わされておられる独特の立ち位置のように思います。


現在は残念ながら休刊してしまったのですが
1980年代頃のINFAS(旧流行通信社)「STUDIOVOICE」の躍動期を少し感じさせる
俯瞰的な好奇心が、柔らかくこちらの誌面にも折衷し現わされています。






6号となる誌面の特集は 「素敵な、フランスかぶれ。」
懐かしい感覚も助け、楽しく拝見いたしました。


かつて「スウェーデン娘」という場所でいつも待ち合わせていたYさんに、
日本人が観るフランスのエスプリ(本来は精神や才気といった意味ですが)を
若い頃に教わった記憶は懐かしく、またその矜持ある教えは新鮮でした。

そこからサルトル、ボードレール、さらにイブ・サンローラン、
ココ・シャネルたちの生き方、アンリ・マティス、印象派、
ベル・エポック、ヌーヴェルヴァーグ、パリ・コミューン etc…。
さまざまなジャンルへと飛び火し、
無節操ながら興味の視野が拡がったのをよく覚えています。

また、そうした好奇心の軸に節操などを気にせず貫くことこそ
彼らのエスプリのエスプリたる一面なのかもしれないと、
後年となった今 ふと思います。



b0306034_1555749.jpg






【工事休業のお知らせ(7月4日まで)】

建物(屋根等)の補修工事のため、5月・6月は店舗をお休みさせて
いただきます。少々長い休業にてまことに恐れ入りますが、ご了承・
ご高配賜りましたら幸いです。
7月5日(土)より営業を再開させていただきます。
詳しくは「7/4まで休業のお知らせ」を併せてご覧くださいませ。







                   百芍丹


[PR]
by h_s_t | 2014-04-23 15:08 | 日々のこと

掲載のお知らせ 「SPUR」


芽吹く緑へのあこがれから、古くは踏青(とうせい)と呼ばれた
探春を楽しんだ春の終わりにふさわしい時節になりました。


b0306034_14233112.jpg






今週発刊の「SPUR 6月号(集英社版)」に掲載いただきました。

特集である 『京都、100の素敵に会いに行く』 にて、
そのうちの1店としてご紹介いただいております。


ファッション誌の方々にお声をかけていただくのはとても新鮮で、
取材いただいた折も視点がとても異なり、興味深く、とても楽しい経験となりました。


書店にて是非ご覧くださいませ。



b0306034_1413571.jpg





ご紹介をいただきながら、まことに恐縮なのですが
5月~6月は建物の補修等で店舗はお休みとなります。

梅雨を挟む工事となりますが、7月より新たに皆さまをお迎えできるよう
頑張りたいと思います。







【工事休業のお知らせ(7月4日まで)】

建物(屋根等)の補修工事のため、5月・6月は店舗をお休みさせて
いただきます。少々長い休業にてまことに恐れ入りますが、ご了承・
ご高配賜りましたら幸いです。
7月5日(土)より営業を再開させていただきます。
詳しくは「7/4まで休業のお知らせ」を併せてご覧くださいませ。







                   百芍丹


[PR]
by h_s_t | 2014-04-22 14:06 | 日々のこと

7/4まで休業のお知らせ

まことに恐れ入りますが今週末4月19日(土)・20日(日)は催事商品の
準備のため、お休みをさせていただきます。
お出かけの予定をご検討いただいておりました皆さまには
御迷惑をおかけいたしますことお詫び申し上げます。


なお、翌週の4月26日(土)・ 27日(日) は「第1回 京都ふるどうぐ市」
へ出店させていただき、同様に当店店舗はお休みとなります。


b0306034_1753125.jpg



また、この「第1回 京都ふるどうぐ市」を終えましてから、
5月~6月の当店の営業ですが長くお休みをいただき
7月より営業を再開させていただきたく考えております。



急な設えで使ってまいりました古い町屋ですが、
あちらこちらに不具合が見つかり、これを機会にしっかりと
手を入れ直したいと考えております。

期間中は工事を行っておりますため、商品のご確認等々がいただけません。
悪しからずご了承ならびにご高配賜りましたら幸いです。




営業の再開は7月5日(土)からとなります。



少々長い休業にてまことに恐れ入りますが
詳細はまたこの場よりお知らせさせていただきます。


b0306034_1752574.jpg






                    百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2014-04-17 17:58 | 営業・休業のお知らせ

掲載のお知らせ

今週発刊の「Meets Regional 5月号(京阪神エルマガジン社版)」
に掲載いただきました。
ありがたい特集タイトルの号に掲載いただき大変恐縮です。


b0306034_17562854.jpg




コンテンツや編集力の重要性について、といった内容だったのですが
今一つ 芯を表すことができず、少々片手落ちになってしまった感です。

加えて、骨董と包摂について踏み込んで話してみたかったのですが、
それはまた別紙にて対談というかたちで行わせていただきました。




某討論番組で、論客である先崎彰容氏が
「分かりやすい言葉を求めることは正しいことなのかと問いたい」
と話されており、骨董を扱い、提案する自分にとっては同意とともに
はっとする瞬間でした。



今、分かりにくいもの(分かりにくいものになってしまったもの、
本質でありながら分かりにくいと蔑視しておけば気が済むもの)
をより分かるよう、注視し続けている自分にとっては、
ロスジェネ世代の方々にもこんな心強い論客がいるのだと
少なからず嬉しくも思いました。

そして観客の大半は意外にも「今を楽しみ経済的成功を掴む」とした論客よりも、
こうした論客に熱心に耳を傾けていたようにも思います。












※包摂 / 経済・社会が、その本来の諸関係にとって外生的な存在を
取り込む過程のこと。





《 休業のお知らせ 》
4月26日(土)・ 27日(日) は「第1回 京都ふるどうぐ市」出店につき、
百芍丹店舗はお休みとなります。
詳しくは、 「イベント出店によるお休みのお知らせ」をご覧くださいませ。




                        百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2014-04-01 18:00 | 日々のこと