<   2016年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

猿楽面



狂言とともに「能」と総称されるようになったのは明治以降であり
現在で言われるところの能は 江戸期までは「猿楽」と呼ばれ、
その創始の正確なところは分かっていません。





b0306034_4344841.jpg








日本最古の舞台芸能である伎楽や
奈良時代に伝わった散楽に端を発するのではないかと考えられ、
散楽は当初、雅楽と共に朝廷の保護下にありましたが、
桓武朝の延暦元年(782年)、散楽戸の廃止以降
散楽師たちは寺社や街角などで楽しくその芸を披露するようになります。


この雑芸のうち、物真似などの滑稽芸を中心に発展していったのが猿楽と言われます。
当初は物真似だけでなく、散楽の流れをくむ軽業や手品、曲芸など、多岐に渡る芸能が行われました。



演目「福広聖の袈裟求め・妙高尼の襁褓乞い」
   僧侶が袈裟をなくして探し回る
   独身の尼さんに乳児用のオムツが必要になる

演目「京童のそらざれ・東人の初京上」
   口の上手な京童と、おのぼりさんの東人の珍妙なやりとり

           ─── 『新猿楽記』平安時代末期 / 藤原明衡



演目から、当時の都人たちの抱腹絶倒していた様子が伺えます。



ただ、同資料から興味深い言及が見られます。                 

平安時代中期頃より、神道的行事が起源の田楽、
仏教の寺院で行われた延年という芸能も興り、それぞれ発達し
猿楽へ影響を与える最中。

咒師と呼ばれる呪術者たちへの言及や演目が見られることから、
咒禁道の影響を受けた儀式を芸能と融合させた猿楽の創始型がこの時期に存在しており、
これは野に降りた陰陽師や神人たちの儀礼が介在するわけで
それらがこの時期の猿楽の基礎や発展に何らかの深い影響を与えています。














b0306034_4352478.jpg





その後の鎌倉から室町期。

猿楽は寺社の法会や祭礼に取り入れられたため、猿楽は寺社との結びつきを強めます。
最初は前時代同様に余興的なものとして扱われていましたが、寺社の祭礼の中に猿楽が
重要な要素として組み込まれるような現象も起き始めたのは、寺社の由来や神仏と人々の関わり方を解説するために、
猿楽の座が寸劇を演じるようなことがあったからと思えます。
これらがやがて「猿樂の能」となり、公家や武家の庇護をも得つつ、現代の能や狂言に発展していったと言われています。


もともと猿楽演者は大和において極めてマージナルな「七道の者」。
漂泊の白拍子、神子、鉦叩、鉢叩、猿引きらとともに下層の賤民とされ
同じ賤民階級の声聞師の配下にありました。
最も注意深く見るべき変化の時代でありながら、史実資料は出ても
当然ながら彼ら自身の資料は最も出にくい。

観阿弥や世阿弥らの登場によって現在の能楽とほぼ同等の芸能としての猿楽が形作られ
桃山期の隆盛、現代能の出発点を形成します。




注視すべきは、集大成させた観阿弥と世阿弥はそれぞれ時宗系の法名を持っており、
時宗の踊り念仏の持つ鎮魂儀礼としての側面を、猿楽(能)はこの時期持ち合わせていたことが分かります。
同時期に勧進聖が上演した唱導劇(仏教の教理を説く劇)の隆盛。


これらは民衆を対象として仏教の教義を見せ、寺社の造営資金を集め、地侍や台頭した戦国大名の庇護に入ります。
生身の人々を主な観客と想定する仏教を意識した芸能へと進化していったわけで
前時代の猿楽に組み込まれていた咒禁道の影響を受けた儀式を芸能と融合させたものが
超自然的な存在を肯定していたものとする陰陽道を含む呪術的要素あるものとすると、
七道というどちらかと言えばそこを出身とした人々の末裔によって、
相反する仏教的に自ら塗り替えられた極めて不可思議な宗教変遷の一端を、
芸能という活動の中に垣間みることができるように思います。






しかしながら自分は、個人的にはあの反閇(へんばい)や禹歩(うほ)(※いずれも道教や陰陽道下の方術)を思わす足運び、
立ち居、所作、声聞の原型はやはり仏教以前の散楽や猿楽の形態に、能はその骨子を完成させていたように思えてなりません。
















b0306034_436739.jpg

















猿楽面(男面)  室町期-桃山期   御売約




【10/30(日)の営業は18時までとなります】
29(土)は通常通り13時~19時の営業、翌30(日)は18時までの営業となります。
詳しくは「10/30(日)18時までとなります」にてご確認くださいませ。










                   百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-10-29 10:00 | 品々のこと

白丹波 午后 金木犀

b0306034_32841.jpg






それは、本来それぞれに完結しており
人がそれに介在するのは 少し億劫にさせるような時もあり

一見は人の世の関係にも通じるような気もしますが
それはやはり、自分たちとは異なる花という生き物なのだと思います。






知識ではなく花を知りたいという気持ちで
花を生けることは十分なのだと教えられましたが
花を知ろうとしないのではなく、
目に訴える「生ける」という行為が無駄に思える刹那。


自分などは香りの強い花に出会うとそう思い、
加えて金木犀という花は特別な何かを思います。






香りの似た、銀木犀の亜種であり、
春の沈丁花に並ぶ香花。








Düfte sind die Gefühle der Blumen.

              ─────   香りとは花の感情だ


「ハルツ紀行」抜粋(岩波1933底本-内藤匡訳)
         ───  Christian Johann Heinrich Heine / 1797-1856





そう感情と言い表したのはハイネであり、ロマン派と一括りにできない
動乱期を過ごした末の男の、言葉のように思います。

美文と評されたり揶揄される「清げ」なものは
得てして、多くの濁りに耐えた末の所産のものも多く。


















b0306034_323741.jpg

























生ける前の時が 最も蜜な関係性をつくるときもあるように思います。

花を考えると それは短い時間ですが。








生けないで終える

生けられはしないという選択は、

傍を求め合った

「親密な終わり」のひとつかもしれません。




















秋、人をふと立ち止まらせる

甘いつよい香りを放つ

金色の小さな花々が散って

金色の雪片のように降り積もると、

静かな緑の沈黙の長くつづく

金木犀の日々がはじまる。


金木犀は、実を結ばぬ木なのだ。


実を結ばぬ木にとって、

未来は達成ではない。


冬から春、そして夏へ、

光をあつめ、影を畳んで、

ひたすら緑の充実を生きる、

葉の繁り、重なり。つややかな

大きな金木犀を見るたびに考える。


行為じゃない。

生の自由は存在なんだと。


           ───  「冬の金木犀」抜粋 / 長田 弘 1939-2015

















b0306034_331110.jpg









白丹波 江戸末期  御売約 個人蔵



【10/30(日)の営業は18時までとなります】
29(土)は通常通り13時〜19時の営業、翌30(日)は18時までの営業となります。
詳しくは「10/30(日)18時までとなります」にてご確認くださいませ。







                   百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-10-28 03:03 | 品々のこと

10/30(日)18時までとなります

堀川通の銀杏も実を落とし、
桜は一層 その色を増しました。


週明けて、足早に秋が行く準備を調え、
春同様に去り方はいつも目に滲む色を残します。




さて、首記のとおり30日(日)は会合所用につき
まことに勝手乍ら 店舗は18時にて閉店させていただきます。





春や夏には予想もできなかった、このような日が来るのだなと
良い酒と肴、骨董話、緩めて楽しんで参りたいと思います。








b0306034_1702284.jpg











                      百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-10-27 17:01 | 営業・休業のお知らせ

10月25日(火)営業致します

10月25日(火)ですが、天神さん(北野天満宮骨董市)に合わせまして
営業をさせて頂きます。


平日、営業経験の無い当店で恐縮ですが、天神さんのお帰りがてらに
足を向けていただけましたら幸いです。


営業は通常どおり、13時~19時にてお待ちしております。




               百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-10-22 22:22 | 営業・休業のお知らせ

10/23(日)の営業につきまして


所用により、今週末10/23(日)につきましては
まことに勝手ながら営業は18時までとさせていただきます。

なお22(土)につきましては、通常通り13時〜19時の営業となります。



恐れ入りますが宜しくお願い申し上げます。








b0306034_1549837.jpg








                      百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-10-21 15:49 | 営業・休業のお知らせ

野戦 転戦 静謐かな

岡山の山中で書かせていただいています。






b0306034_021064.jpg







川近い林道

今夜は車中泊です



















店舗の移転以降、何もかも初心でやり直しと
仕入れの転戦を続けさせて頂いています。




全く効率的ではなく、教科書的でもありませんが、
品物以外の何かを知るようで
知るものは 単に風土と、簡単に一括りにもできないように感じます。






















b0306034_022594.jpg












満月を過ぎ、わずかに欠けた月ながらも 星月夜

「星月夜」

言葉の通りの夜に思います。





青い重い 闇

山というものも 夜にはその重さを知らしめ








敬愛する民俗学者たちもこうした夜を過ごしたのかなどは考えず、
室町や江戸期の人々もこうした夜を見たのかとも考えず、
動物的にただそこに夜がある感覚の方が強くなってきます。






















b0306034_023344.jpg






夜の山というものは 一人という感覚でもなく
静謐なようでいて、さまざまな気配の騒がしさもあり
イメージとは裏腹に確かな生(せい)の
可視できぬゆえの勉強があるように感じます。





























古銅 錫杖先 御売約 個人蔵














                      百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-10-18 00:23 | 品々のこと

10/10(祝) 営業いたします





今週末の連休は、祝日10日も営業させていただき、
10/8(土)〜10(祝)の営業となります。





気候佳き時節

御所近辺にお越しの際は
宜しければ おみ足向けていただけましたら幸いです。






b0306034_2015105.jpg















さまざまに環境が変わり、仕入れに繁走
更新が疎かとなり恐縮です。

少し密にしてまいりたいと思います。






                  百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2016-10-06 18:00 | 営業・休業のお知らせ