New Breed of Geniuses.

.

henlywork



氏とのお出会いは数年前
ある日、偶然に遊びに来ていただけました。

そして、新しい作品が構成される度に、出来たばかりの作品を携え
いつもお見えになられました。






積上げの理論化云々ではなく、優先されたのは「背景」そのものに感じます。


初期の頃から痛いほどに映像を醸した音で、
いきなりの天才の出現に、驚愕したとしか言いえずの自分を晒したことに
躊躇は全く無かったように記憶しています。




















その後もある種の制約の中で、制約に反比例する大きな力を肝に落とし
完全に武装したり、武装を解き無手を楽しんだりの「融通無碍」な「遊び」を従えて、
進化する天才らしさを発揮されているように感じます。






























かつての、Perfumeのカンヌでの部門銀賞は記憶に深く、
動体への Projection Mapping や
Webを通じての「遊び」の感覚が交錯するマテリアルの提供と再編集など
新しい演出域にまず目を捕らわれましたが、
その逆の、非常に古い歴史観や背景そのものに注目すべき点が多かったようにも思います。

一例には、数学の持つ原初的な美と謎、理想平衡も、実に細かな所までそこには使われ、
語られてはいませんが確信的に真鍋氏も行っていたのではなかろうかと感じます。


偶然にも、1991年以降Coqが用いているCalculus of Constructionsの変種も、
帰納的構成を直接含みながら、source(根源)に近づき証明を行う特性を持ちます(Ex.Four Color Theorem)。













かつて、竹村延和氏が音楽よりも、音が出る空間や環境、物理学的側面そのものへ
スリリングに回帰した時期を見せたり、小林径氏が”Routine”のその1stにおいて
「最も力強い音楽は言わずもがな宗教音楽である」と、
異色すぎる曲を選考したりと、あらゆる創造家が
”「遊び」や「音」というものがその原初に持つ姿”を探す片鱗は、
新しい音楽家たちの残す興味深い聖痕(Stigmata)とも思えます。

「source(根源)」を探す。戻る。











古い物と何ら関係の無くも見える話ですが、
音楽、映像をなさっておられる方々とも縁が深まることが多いような気がします。

そして「背景」や「落差」の手がかりのひとつとして、そうした方々の
お役に立ったことが僅かでもあったのであれば
とても嬉しく思います。




氏同様の、sourceをめぐる新しい天才たち。

機会に恵まれればこの場で、僭越をあえて大きく飛び越し、
ご紹介させていただきたいと思います。



こうした方々に出会うことは、音楽はまだ死なず
音楽が新しい命の宿主を探し続けていることに向かい合うかのようで、
望ましいモデルやフォーム、お手本、パターンを人々に浸透させ
救い難い錯覚と礼賛する様を蔓延させることとは、
全くの異質であるように感じます。





























   henlywork
     soundcloud.com/henlywork 
      chalkboy






b0306034_16395296.jpg

















 Sir henlywork , Thank you for your sweetness .





 
                                 百芍丹
.
[PR]
# by h_s_t | 2017-02-28 16:16 | 日々のこと

Minimal Music









音の動きを最小限に抑え、スケール反復と音型パターンの固定反復を
旨とした音楽ジャンルで、世界的第一人者としてはスティーヴ・ライヒや
テリー・ライリーが頭に出てきます。


自身もOctet-Eight Linesなどの曲は、僭越ながらも店内でたまにかけていたりします。
















静的な変化を繰り返す様は、ドゥルーズ哲学におけるジェイムズ・ウィリアムズの語る
「差異と反復」に書かれる、反復が予期と変化の条件であることを想起させることがあります。












端的に実験的作品のような評価がされることも多いのですが、
このジャンルのはじまりをどこと捉えるかは、一般論においては難しく
エリック・サティとするのか
強い影響を与えている反復性だけを注視すると
土着の宗教音楽や民族音楽を根源に持つのか
(ライヒ自身アフリカ音楽やガムランなどの研究を行っている側面を持つが)。


僕自身の考えの中では、プロセスはどうであれ探るべきソース(根源)は
非常に古いものや、原体験から、このジャンルは日々生まれ続けているように思います。















リチャード・D・ジェイムスのAphex Twin名義での久々の新譜「Syro」が出て、
かなり突き抜けた変化を見せたなと思いながらも(変化の多いアーティストでもある)、
初期における「Ambient Works 85-92」のシリアスな展開は
単純に、テクノ、アンビエント、エレクトロニカと言われる枠から外れ
意外にも、反復や音型枠という軸を外して眺める
遡行性という、ミニマル・ミュージックとの共通感覚を感じることも多いです。




遡行においては、人のつながりも本来はそうしたものが
深く影響しているようにも思っています。

超心理学的なオカルトめいた不明な話は抜きにして、
随分前、記憶の以前、そうした印象から知っているような人物や
ある人と居ると既視感(デジャヴ)を多く感じたり、
その人と一緒に物を見ると、物からの言語外現実(realia/レアリア)※を強く感じたり。


そういう人々と生きているうちに巡り会うことは
とても価値があることと個人的には思っています。





















骨董や古物とて、軸の外し方は難しいのですが
そういうアプローチができるのではないかなと、
思うときもあります。









※言語外現実(realia/レアリア)/言葉の背後にある、我々が感得できる本来の
 文化的内容(現実、実物)。つまりは言語とそれをとりまく内容によって、人間は
 「第二の自然や現実」といえる文化的な現象を自分たちでつくっている。
 例えば、「水」という言葉の言語外現実は「無色透明な流動性ある何か」である
 ということを、視覚や体感を通して得る内容のこと。
 (Ex./西田哲学-純粋経験 等)









             百芍丹

[PR]
# by h_s_t | 2017-02-27 12:00 | 日々のこと

蝋梅 ― ろうばい

b0306034_16144527.jpg








  まばゆしや 君をし見れば

  薄ら氷(ひ)に 朝日かがよふ


  えふれじや 君としをれば

  蠟梅の花ぞ ふるへる


  冬こそは ここに  ありけめ









b0306034_16145795.jpg














          「 冬 」 (旧版底本)   芥川 龍之介 / 1892 – 1927 
 














 
                           百芍丹
[PR]
# by h_s_t | 2017-02-26 12:12 | 日々のこと