浄法寺

冬から厳冬へ。


北の産地の塗は、否応なく肌身に温かく感じ
時を要した素朴な木地と、みっちりとした密度の漆は
現代生活の中では根本から忘れてしまいそうな
山河に根ざした「生活の温度」を喚起させてくるようです。


b0306034_2213512.jpg



浄法寺


発音は濁り、”じょうぼうじ” がその読み音となります。

室町期以前、上古からの一大産地ながら、骨董に興味がある方々以外には
あまり知られぬままに今に至ったような気もします。




浄法寺周辺産地の塗師(ぬし)のことは、柳宗悦もその書の中に
塗師たちの町の様子と、彼らやその暮らしに
二度と会い見舞えないことを予感させる文章を寄せています。

さまざまな努力はあるものの、その予感をしたためた随行文のとおりに
古手のつくりは古い品々の中にのみ残りました。



あらゆる漆藝から日本人そのものが遠ざかった現実があります。







b0306034_2212169.jpg


古い時代を顧みると、山と木々を愛で、その性格を知り尽くし
山と木々から許され、木を挽き素地型を作った木地師(きじし)たちは
同じく漆の木々を知り尽くし、山深い漆の森から愛された塗師(ぬし)に木地を託し、
ひとつひとつの椀や皿は仕上げられました。


こうして生まれた品に、山河の健やかな斎(いわい)が宿されていたとしても、
実物を手にして感じるのは「何ら不思議ない」という実感以外ありません。




斎(いわい)を宿す品を迎え、里の家々も斎(いわい)を宿す。


b0306034_2223634.jpg




「斎」と「忌」という文字は、そもそもは表裏一体に使われた時代があります。




「生き、逝くる」ということの難しさと、暮らしの中の清廉な「思いや気持ち」が、
今よりももっと端的に深いところにあった時代。

ゆえに今もって、「人間らしい営みのあたたかさ」という無垢なものを
漆の器たちは、この凛呼たる寒さの中
雪のように静かに語ってくれるように思います。




手に触れると溶けてしまう美しい風花は、
まるで、人の一生もかくあらんと言うかのようであっても、
それでも人の営みは 「あたたかい」 と気付かせる体温を、
小さな漆たちはしっかりと今も保つかのようです。




b0306034_22213632.jpg




  目の前に 淡雪ちりぬ 何ごとも 云はで死ぬると 云ふ形して

                           - 与謝野 晶子 / 1878-1942
 









※国語辞典においても「いみ」には本来、斎と忌のふたつの字が関連付けられ
 ていたことが記されています。この二つの語彙が乖離していったことに関し
 てはまたの機会とさせていただきます。
※漆器の製造は古くから分業的な生産工程である点を注釈しておきます。
※浄法寺塗からの古い漆生産に関わる内容を展開していますが、現地各々や
  個人と直接の関連性を意図する内容でないことと、単純に同義の内容として
  捉えてはいけないことを、注意をもって付記させていただきます。





                             百芍丹
[PR]
# by h_s_t | 2014-01-25 00:00 | 品々のこと

瑠璃

b0306034_20573830.jpg


伊万里、瑠璃の小皿。



小品とはいえ、古色の藍で器体の全てを包み込み
私たちが、もはや知りようも無い 古い時代の夜の闇を
目を通して耳朶あたりに
ふっと気配づかせるようです。


独酌の盆に添えると、図らずも見えるその古い夜に
心揺さぶられる小さな佳品に思います。




明るい色目のものは一色も挿されていないにも関わらず、
真円というかたちがそうさせるのか。

丸い月が、山中にふわりと上がったかのようにも思わせます。



b0306034_2058510.jpg







染色家の志村ふくみさんが紹介される番組を、
かつて観させていただいたことがあります。


藍の発色に月齢が関係するという、興味深いお話をなさっていました。
長い経験の中で知り得たであろうこの不思議が、
より、ご自分の求める藍に近づく重要な鍵になられたと。




染色も、やきものも、それ以外のものも
月の明かりがあるからこそ、人々は夜影の濃密なその色を
より深く、古い記憶を呼び起こすかのように
自身の心中にも映し見るのかもしれません。




b0306034_211138.jpg







江戸期の、ほの暗い落ち着いた夜陰を思わす呉須は
黒とも藍とも言えぬ、言葉にするともったいないような
月と古い闇の印象を真っすぐに語りかけてくれます。


そして自身を、居るわけでも無い山中独居の佳き世界に誘う
小さな鍵のような小皿かと。




陶工たちがそっと残してくれた夜が、幾星霜を超え、
そこにあるように思います。





b0306034_210357.jpg







  花 うるはしく咲き代り

  夕ぐも にほひ妙なれば

  山樵(やまがつ)の身を 好しとして

  外山(とやま)に粗朶(そだ)を集め居る



    境涯は罪なくして

    配所の月を見るに似たりとや 言はん



              ― 山中消息 《抜粋》 / 佐藤 春夫 (1892-1964)














 瑠璃皿     御売約 個人蔵(全点)








                      百芍丹
[PR]
# by h_s_t | 2014-01-23 21:22 | 品々のこと

睦月

b0306034_19472114.jpg



あけましておめでとうございます。

皆々様に遅ればせてのお恥ずかしいご挨拶ではありますが、
週末の1月11日より、本年も土日のみの営業ながら
年の営業を始めさせていただきました。


早々に、多くのお客様にお越しいただき恐縮の次第です。
そしてお客様よりも、お客様との会話を楽しんでしまっているような
不束なる店主ではありますが、
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


また、年度末には体調をかなり崩してしまい
ご迷惑をおかけしましたこと、重ねてお詫び申し上げます。





b0306034_1951930.jpg



睦月なる一月を迎えました。



暦は小寒を昨週に過ぎ、来週頭ごろかと思われる大寒に向けて
古くから最も寒気の厳しい時節を迎えたことになります。

二月の節分までを「寒の入り」として、冬が冬らしくある節季の中に
日本の多くの地は入ることになるかと思います。



睦月は、稲作における種籾を水に浸す月で、
「実(む)つ」からの転化が語源とも言われますが、
語源類推で最も有力とされるのは、意外にもその文字の通りに
「仲の睦つたるように」という、人々の温かみを感じる
嬉しいような由来となります。

寒さあれば 体寄せ合うがごとく、
皆々様にとって睦つき月となりますよう。




    遠来の 友あり 寒もゆるみけり

          ― 藤松 遊子 / 1924-1999



b0306034_204445.jpg





 ■ Photo ©bins.t   & Thank you for your sweetness . (項中2枚目)  



                    百芍丹
[PR]
# by h_s_t | 2014-01-13 20:10 | 日々のこと