『こっとうさんぽ』 の夜長なり

週は、ようやく二十四節季でいうところの「白露(はくろ)」を過ぎ、
暦のうえでは野の草々に露が静かに降りはじめるころです。



 陰気ようやく重なりて、露こごりて白色となればなり

                   ― 江戸後期 / 太玄斎(松平頼救)『暦便覧』





五行思想の中では、四季の変化は五行の推移によって起こると考えられ
四季に対応する五行の色として、「青春」「朱夏」「白秋」「玄冬」、
といった言葉が生まれ、秋の色は白とされています。







夜にはその気候の移り変わりを感じる涼風で、少し星もはっきり映りだし、
また、それにふと気づくことが、「星月夜(ほしづきよ/せいげつや)」が秋の季語であることを
あらためて意中にすんなりと分かり示します。

星を眺めていたりすると、回した両腕に触れる、肩のひんやりとした感触は
子供の頃よりなぜか心地よかった思いがあります。





 秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども  風の音にぞ おどろかれぬる

                   ― 延喜五年(905)/ 藤原敏行『古今和歌集』



 秋たつや 川瀬にまじる 風のおと
 
                   ― 昭和十一年(1937)/ 飯田蛇笏『句集「霊芝」』



 秋の夜の あくるもしらず なく虫は  わがごと物や かなしかるらむ

                   ― 寛平四年(892) / 是貞歌合










敬愛する沢田眉香子さん(僕は普段、「沢田先生」と呼ばせて頂いているのですが)から、
著書である『京都こっとうさんぽ』をお贈りいただきました。

「行く」「やる」と言って動かない僕の勉強不足に、ついに業を煮やされたかと
いつもそのお心遣いに山々の感謝の気持ちです。




沢田さんは竹を割ったような判断力と、柔らかな猫の毛のような緻密さ、繊細さ、
コインシデンティア・オポジトルム(反対物の一致)とすればよいのか
極めて稀有な才能と人間的魅力にいつも溢れておられます。


二律背反に美を観る才は、日本の美感の中では確たる王道で、
日本人は小さな盆栽の中に大樹を、小さな器の表情の中に生や長大な時間を観て、
小さな茶室の中に自然や宇宙のひろがりを感じ、
句や歌の中に巻物に負けぬ美文を構成し、
その意識や才を高め続けてきた民族のように思います。





沢田さんの文章には古い品々への愛情もさることながら、
それに携わる人々、それを楽しむ人々、
そして新たな楽しみを探る人々への愛情に満ち溢れています。


僕にとっても、品々のことで悩みや行き詰まりを見せたとき、
なぜかいつも運よく、話す機会に恵まれたり、
お会いする機会に恵まれたりで、
「暗夜に灯を見る」をそのままに思うことが少なくありません。


沢田さんと巡り合えたのは偶然なことですが、
この良縁のありがたみを常々感じます。





b0306034_1635516.jpg









「京都こっとうさんぽ」光村推古書院版










.
[PR]
by h_s_t | 2013-09-13 16:34 | 日々のこと
<< ころ茶碗 瀬戸輪線文 豆皿 >>