京都ふるどうぐ市を終えて



同室させていただきました丹波屋彦兵衛様、宮脇モダン様、メルキュール骨董店様、
そして当店に近しい立地の画餅洞様。

名を馳せた名店の皆様に本当に良くしていただき、
果報者の一言に尽きる二日間でした。


そして隣室の古美術中上様、南方美術店様、本田様、質環様、
別室のタユタフ様、犀星様、その他多くの皆様にこの場でお会いでき
とても楽しく、清々しい時間であったと思います。



今回、当店の暗喩したテーマは「柳田國男vs折口信夫」とした
「日本人の生死感から発した美」も織り交ぜた展示を目指しました。

学術的難解さを排除し、発露するテクスチャーそのものを
ご覧いただきたいと、非力ながら努めた次第です。



b0306034_2236312.jpg



二日目の終刻。
咲かせた花はそれぞれ違えど
それぞれを讃えあうかのような、笑顔と心地良い疲労感に
ご一緒できたことは
少し胸が熱くなるような幕でした。



そして多くのお客様と楽しい時間を共有させていただいた
初夏めいた幸せな二日間。





お出会いの全ての皆様に、山々の感謝を込めまして。


 頓首再拝


                             百芍丹






【工事休業のお知らせ(7月4日まで)】

建物(屋根等)の補修工事のため、5月・6月は店舗をお休みさせて
いただきます。少々長い休業にてまことに恐れ入りますが、ご了承・
ご高配賜りましたら幸いです。
7月5日(土)より営業を再開させていただきます。
詳しくは「7/4まで休業のお知らせ」を併せてご覧くださいませ。
[PR]
by h_s_t | 2014-04-28 22:40 | 日々のこと
<< 煤馬目 月下 掲載のお知らせ「&Premium」 >>