朱 夏

b0306034_2252390.jpg




立夏、小満を過ぎ、
芒種、夏至へと。

日は洋々と長くなり
洋々の文字が指すままに
水の気の広がりも肌身に感じる週に思います。


皆、赤い夏へと入っていきます。







 かぎろひ(陽炎)の 夕べの空に 八重(やへ)なびく

          朱(あけ)の旗(はた)ぐも  遠(とほ)にいざよふ


                      ― 『赤光』 斎藤 茂吉 / 1882- 1953

















b0306034_2245586.jpg



日本人は古来、中国古代哲学の易・五行によって、
この重要な一年という時間をも構造化し、
その四季の順当な推移を、
人間の側からも促し続けて来ているのである。


















換言すれば、
四季の推移も自然に任せきりにすることなく、
その折目節目に、祭り、年中行事を配置して、
その調整に心をくだいている。


             ― 『五行循環 十二支』 吉野裕子 / 1916 - 2008


b0306034_2253866.jpg











 根来盆 〈桃山-江戸期〉  御売約 個人蔵


※朱夏/五行思想において「青春」「白秋」「玄冬」に並び夏を表す色。色の差異は
 方位にも通じる。それぞれを人の一生に置き換えて表すことも。






【工事休業のお知らせ(7月4日まで)】

建物(屋根等)の補修工事のため、5月・6月は店舗をお休みさせて
いただきます。少々長い休業にてまことに恐れ入りますが、ご了承・
ご高配賜りましたら幸いです。
7月5日(土)より営業を再開させていただきます。
詳しくは「7/4まで休業のお知らせ」を併せてご覧くださいませ。







                   百芍丹

[PR]
by h_s_t | 2014-06-02 22:14 | 品々のこと
<< 青葉闇 皐月尽 波佐見碗 >>