波兎



b0306034_1629016.jpg




月齢は長潮から若潮、若潮から新月の大潮へ



春から初夏に子らを残す、水の生き物たちの
最後の大潮



















b0306034_1629483.jpg








   大海原に有住す 廣物狭物を神集に 集給い網目に入給い

   日の守夜の護に守護給いて 罪咎祟は不在物をと

   常磐堅石に 清給いし事の由を

   八百萬の神達諸共に 所聞食と白す


              ― 海神祓 (わだずみのみはらい)抜粋 / 延喜式(927年)他






















b0306034_16301478.jpg





波を超える兎は


生きとし生けるものの、その時を知っていた

国津の御代の祝(ほふり=屠)の初め姿にも





















b0306034_1630331.jpg












 海神奉納 兎図絵馬〈江戸後期〉 / 御売約 個人蔵

※「祝(ほふり)」と「屠り(ほふり)」という語句は、本来の意味や語源を同じくします。






【工事休業のお知らせ(7月4日まで)】

建物(屋根等)の補修工事のため、5月・6月は店舗をお休みさせて
いただきます。少々長い休業にてまことに恐れ入りますが、ご了承・
ご高配賜りましたら幸いです。
7月5日(土)より営業を再開させていただきます。
詳しくは「7/4まで休業のお知らせ」を併せてご覧くださいませ。







                   百芍丹

[PR]
by h_s_t | 2014-06-23 16:34 | 品々のこと
<< 鬼灯(ほおづき)月 風待月 >>