b0306034_20564684.jpg


















b0306034_2057340.jpg




























b0306034_2057154.jpg










 半跏 戎神    御売約 個人蔵

※えびす / 夷、戎、胡、蛭子、蝦夷、恵比須、恵比寿、恵美須などと表記。

 東日本に対し、海路において、大陸により近い西日本で祀られることが多い。
 当時の為政者(大和朝廷など)が、地方民や遠国者を「えみし」や「えびす」と呼ん
 で、「戎」や「夷」と書いたのと同様で、字義を含め、異邦の者の意味性が強い。
 蕃神(外来神)の可能性など、不明な点が多く、また古式のものほど荒神の性格
 を持つなど、現在において親しまれている反面、未解明な内容点が多い。
 神格化した鯨を指すなど、この神格の経緯には多種多様の側面があり、えびすを
 祀る神社でも祭神が異なることが多々ある。(Ex/『伊呂波字類抄』)
 現在においても、福の神、海神、漁業神、商売繁盛の神(市神)、五穀豊穣・家内
 安全(えびす講)、寄り神(漂着神)、芸神、外来神(客神・門客神)等さまざまな性
 格を持つが、印象として異邦・流動・弱者性のある民の信仰を集めたことが神格
 化の経緯として伺え、外来神である可能性の考察は興味深い。
 日本古来の神とされる点については、蛭子(ヒルコ)神や事代主神との関連性や
 習合が推して計られる。

 ヒルコは『古事記』において国産みの際、イザナギとイザナミとの間に生まれた最
 初の神でありながら、障害(足とされていることが多い)を伴い生まれたため、舟に
 入れられ海に流されてしまい、子として数えられなかった。

 流された蛭子神が流れ着いたという伝説は日本各地に残っており、このため日本
 沿岸の地域では、漂着物を神として信仰するところが多く、ヒルコはえびす(恵比
 寿・戎)と習合・同一視されるようになった。ヒルコ(蛭子神)を祭神とする戎神社は
 多く、西宮神社(兵庫県西宮市)などがよく知られる。

※上記備考において、一部、不快を伴う内容がありますが、参照の古事記に関する
 各種文献資料における内容を元に、宗教学上の内容として他意無く記載させてい
 ただきました。ここに注記させていただきます。ご高配くださいませ。






                               百芍丹
[PR]
by h_s_t | 2015-01-23 09:00 | 品々のこと
<< 追儺過ぎ 雪輪 >>